2 TOWNS CIDERHOUSE ネルスが、ほぼ1年ぶりに来日。

2016年2月、FAR EAST CIDERのメンバーが、PDXから直行、昨年夏は、醸造担当のDAVEが長野を訪れたりと、なにかと思い出のあるサイダリーです。

6月28日、東京渋谷ナヴァー/navarreで行われたリリースパーティーのトピックスを簡単に紹介。

 

ブラックベリーxサイダーの「メイド マリオン」リリース

ピューレにしたマリオンベリーとりんごを混醸したサイダー。醸造後、フレッシュなマリオンベリーを加えている。

香り、濃いいいいいいい。
ブラックベリーって香りが薄い印象を持っていましたが、とんでもない!甘く熟したベリーの強烈なフレイバー。ピノノワール?ほぼワインです。

味、すっきりです。
酸度が高く、軽めなタンニン、泡もあるので、飲み飽きない。

一般的な北米スタイルのベリー系サイダーに比べ、厚めなボディ。試す価値ありです。

マリオンベリー:ツータウンズと同じコーリバスにある、オレゴン州立大学で研究されたブラックベリーの品種。小さいが香りが強いChehalem種と、大きく収量の多いOlallie種を掛け合わせて誕生した。ブラックベリーの中で最も香りが高いとか。

 

定番のブライトサイダー、アウトサイダー、ガス圧が少し高めにリニューアル
3アイテムとも12oz/355mlの小瓶で販売

ガス圧を上げ、よりすっきりした飲み口に。ラベルも一新し、モダンなデザインになりました。

ブライトサイダー:
ツータウンズといえばこれ。
オレゴン、ワシントン州、カナダのブリティッシュコロンビア州にまたがる、ノースウエストスタイルのベンチマーク的な1本。酸味と香りが強い青りんご、ニュータウンピピンを中心に数種のりんごをブレンド。ワイン酵母を使用。青リンゴらしい酸味と、すっきりした甘み。濾過工程を経て酵母臭もなく、クリアなドライ・サイダー。

アウトサイダー:
ツータウンズのもう一つの定番。
アメリカで一般的な生食りんご、ジョナゴールドを中心に数種のりんごをブレンド。ワイン酵母を使用。無濾過でほんのり白濁。果汁感たっぷりのセミスイート・サイダー。

 

ツータウン・サイダーハウスの特徴

100%フレッシュプレス。濃縮還元ジュース、香料は使わない。オレゴン、ワシントン州のりんごを使用。自社農園も拡大中。

イオン系列店舗ほか順次取り扱いスタート。

 

問い合わせ先:チョーヤ梅酒株式会社

カテゴリー : STORY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 × one =